記事一覧

GLOOBE大阪セミナー

GLOOBEの大阪セミナーでコストナビの紹介をしてきました。
場所は大阪駅前のヒルトンホテルウエスト。すごくいいビルです。
ファイル 51-3.jpeg(クリックで拡大)
参加者も約100人
ファイル 51-2.jpeg (クリックで拡大)
さすが福井コンピュータさんです。

サザン復活

8月10日サザンの35周年復活ライブで、横浜日産スタジアムに行ってきました。

まずグッズ売り場で、Tシャツ、タオルをゲット。
当日はとっても暑く、その時点で全身汗だく(;^_^;)

その上サザンのチケットは、身分証明書で本人確認して会場で受け取るので、その処理が間に合わず会場に入る人の長蛇の列。
ファイル 50-1.jpg クリックで拡大
結局、開園が1時間も遅れた。

やっとチケットをゲットすると、なんとアリーナBブロックの超良い席\(^o^)/
買ったばかりのTシャツに着替え、首にタオル掛けて、準備万端!

オープニングは「海」(歌詞が胸に響く)
2曲目「My Foreplay Music」(題名が意味深)
3曲目でもう「勝手にシンドバッド」
もうここで、テンションマックス「いま何時!そうねだいたいね。いま何時!ちょとまってて」
もうこれで終わりでもいいって思うほど良かった。

それからは、ヒット曲のオンパレード、懐かしい、楽しい、踊りまくり(さらに全身汗だく)
花火は上がる、風船は飛ぶ、レーザーは光る、最高だ!!

「タバコ・ロードにセクシーばあちゃん」「ラチエン通りのシスター」学生時代に良く聴いた曲もやった

「You」「さよならベイビー」「慕情」「涙のキッス」バラードは今の心に沁みる
「いつも笑った想い出だらけの二人にも 夜風がそっと恋の終わりを告げる 涙のキッスもう一度 誰よりも愛してる 最後のキッスもう一度だけでも 君を抱いていたい」

「愛の言霊」「太陽は罪な奴」「LOVE AFFAIR」「マチルダBABY」「ミス・ブランニュー・デイ」「マンピーのG☆SPOT」アリーナもスタンドも大興奮

アンコールで「いとしのエリー」「希望の轍」選曲良すぎ
やっぱりサザンはいいね(^_^)v

次は去年と同じようにミスチルのライブに行きたいと思う

BIM実務者セミナ

6月8日(金)コミュニケーションシステム様主催の「不動産企画開発における企画BIM実務者セミナ」が国際フォーラムであり、コストナビのデモをさせてもらいました。

コミュニケーションの比嘉社長は、色々なソフトベンダーとデータ連携を実現して、建築業界のソフトの発展に寄与されています。
比嘉さんのブログも見て下さい。
http://ameblo.jp/normanhiga/

私のデモ時間は20分だったのですが、導入部分の説明が終わったなと思ったらなんと残り時間5分(汗)。
そこから、モーレツな勢いで説明しましたが、5分オーバーしてしましました。関係者の皆様すみませんでした。

ファイル 49-1.jpg クリックで拡大

TP-Plannnerとのデータ連携は10年くらい前からできているのですが、現在連携していない構造や建具など連携するデータを今後増やしていく予定です。

都内をグルグル(後編)

…前編より続く

皇居を離れて南下
「おお我が母校」(OBなら分かる歌詞)を通過
ファイル 48-1.jpg クリックで拡大

赤坂、六本木を抜けて、東京タワー方面へペダルを漕ぐ
芝公園で一休み
ファイル 48-2.jpg

近くにお世話になっている長谷工さんがあったので寄ってみた
普段はスーツで行くのにちょと変な感じ
ファイル 48-3.jpg

新橋方面に移動
マッカー道路の工事が凄い
お世話になっている東京電力さんの前を通過

日比谷通りを北上して、出発点の日比谷公園に到着
日比谷野音で、しょこたん(中川翔子)のライブがあるらしく、凄いコスプレの人達がいっぱい。
生で見ると別世界の人に見える。
ファイル 48-4.jpg

日比谷公園の前のビルに石碑があったので見るとなんと「鹿鳴館跡」の文字!
さらに鹿鳴館は私の出身地の薩摩藩の装束屋敷に建てたとのこと、驚き。
ファイル 48-5.jpg 鹿鳴館跡地から日比谷公園を見る

無事、都内グルグルの旅終了
(本当は無事ではなく、この後自転車で遊んでいてコケた(^^ゞ)

都内をグルグル(前編)

長いことブログを更新していませんでした。すみませんm(_ _)m
学生時代の友人から「更新してないね」って言われたので更新します(^^ゞ

私の趣味は自転車でいろんなところをグルグル回ることです。
(いろんなとこは、2008/2/29のブログを見て下さい)

連休中に都内を自転車でグルグルしました。
日比谷公園の駐車場に車を駐めて、トランクに積んで運んだ自転車で出発!

休日の都内はガラガラで気持ちがいい。
ファイル 47-1.jpg クリックで拡大

三菱1号館、ビジネス街に美術館を作る三菱地所のセンスの良さに拍手。
ファイル 47-2.jpg

皇居の周りはランナーだらけ。
桜が満開だった千鳥が淵は、緑に変わっています。
ファイル 47-3.jpg

国会議事堂の前に居たら、すごい一眼レフを持ったカメラが趣味みたいな女性の方に「撮って下さい」と頼まれたので、ついでに自分も撮ってもらいました。
ファイル 47-4.jpg

私が以前働いていたゼネコンの本社ビルは解体中(;_;)
ファイル 47-5.jpg

後編へ続く…

久しぶりの大阪

久しぶりに大阪に出張しました。

行きがけの新幹線から富士山がよく見えました。
9月末にニュースで初冠雪と言っていて、私もその頃箱根に行って冠雪したのを見たのですが、今日は肉眼で見るかぎり雪は見えませんでした。

(クリックで拡大)
写真がちょっと重いです。すみません。
ファイル 46-1.jpg

富士山は大好きな山です。飛行機から、新幹線から、山中湖から、小田急線から(多摩川のあたり、秦野・松田など見えます)、私の大学があった小金井・小平から、もう数えきれないくらい見ていますが飽きませんね。

昔、山中湖へ行ったときの写真。早朝です。
ファイル 46-2.jpg

おじゃました会社のビルのロビーが美術館のように素晴らしかったので、記念写真。ロビーに水が流れています。

ファイル 46-3.jpg

打合室から見える景色も素晴らしかったので、さらに記念写真(^^ゞ

ファイル 46-4.jpg
ファイル 46-5.jpg

秋も深まり少し寒くなって来ました。体調をくずされないよう皆様ご自愛ください。

アーキフューチャー2011

コミュニケーションシステムの比嘉社長のご好意で、アーキフューチャー2011という展示会に参加しました。

アーキフューチャー2011は、有明のTFTホールでBIMや各種建築系ソフトなどの紹介と講演が行われました。
(クリックで拡大)
ファイル 45-1.jpg

比嘉社長とは10年来の付き合いで、私は鹿児島、比嘉さんは沖縄、年齢も近く、趣味など何かと気があい親しくしてもらっています。
今回も展示会に出展させてもらって「比嘉さん、ありがとうございます!m(__)m」

10年くらい前は、展示会というと歩くのも困難なくらい来場者がありました。
最近はどの展示会も昔ほどの盛況さはありませんが、それなりのお客さんは来場されていました。

T建設のAさん、竹中工務店の上嶋さんなど、建築関連のITのキーマンの方も来場されていてご挨拶しました。
ファイル 45-2.jpg
中央が竹中の上嶋さん、向かって左が比嘉社長、向かって右が私です。

話はそれますが、新宿から会場までは臨海線で行くと早いのですが、綺麗な景色を見たくてゆりかもめで行きました。
天気もよく素晴らしい景色でした。
ファイル 45-3.jpg

私は今の東京が、現代的な都市では世界で一番綺麗だと思います。パリやローマも綺麗ですが昔の建物が主体です。
日航のパイロットの方が、夜景は東京が一番きれいだと言ってました。関東平野全面に広がる広さがある、カラフルな色がある点がきれいだそうです。

私も東京の夜景は大好きです。
確かにラスベガスはカラフルですが狭いです。ロスは広いですがあまりカラフルではないです。ヨーロッパの夜は暗いです。
新宿のパークハイアット東京(頭が三角のビル)、六本木ヒルズ、丸ビルなど、夜景が綺麗な場所は枚挙にいとまがありません。
ファイル 45-4.jpg
ファイル 45-5.jpg

私が建築を勉強していた1970年代は東京はあまりおしゃれな街ではありませんでしたが、それからの東京の発展は素晴らしいと思います。
またいろんな東京の綺麗なところへ行きたいと思います。

コストナビの精度

ある準大手ゼネコンの方が、コストナビに38物件を入力して精度検証をされました。約1ヶ月かかったそうです。

その結果 34件はほぼ問題なく、コストナビの標準偏差の±6%以内に収まっています。

しかし4件は、コストナビが少なく算出されています。
これが基準法改正以降、私の頭を悩ませる構造の安全率の問題です。
コストナビの単なるバラツキなら、確率的にコストナビが多く算出されることもあるはずです。しかし、少ない現象しか発生していません。(下図、散布図の赤色の部分)
したがって、構造計算側の偏りと考えられます。

実際の検証結果の散布図ではありません。バラツキのイメージです。
(クリックで拡大)
ファイル 44-1.jpg

原因として想像できるのは
1.品確法の水平力の割増しを行なっているが、図面ではそのとこが分からないため通常の水平力で算出している

2.コストナビが構造の二次設計を行なっていなことによるる誤差

3.構造設計の安全率が高い

構造の安全率については、先日ある意匠設計事務所の方から面白い話を聞きました。
「構造設計を外注したところ(外注先は日本のトップレベルの構造事務所)、屋根に500kgf/㎡の積載荷重が安全率として加算されていた。」
「そのことは気付かずに設計が進んで、あるとき屋根にソーラーパネルを載せることになった。すると500kgf/㎡の余裕があるので設計変更せずに載せられますとの返事があった」

500kgf/㎡と言えば自動車の㎡荷重より大きい値です。つまり屋根に自動車を敷き詰めても大丈夫な建物になっていたわけです。

またあるデベロッパーの方からは、「基準法が改正されてからしばらくは、確認申請を確実に通すため安全率を高めに設定していた」という話も聞きました。


このような構造の安全率は、積算するときにはわかりません。
今後も、コストナビの数量が少なく算出されることがあると想像されます。
皆様は、過去の物件を検証して発注者、設計者別に構造歩掛の多寡を掴んでおくことも大事かもしれません。

BIM連動で積算

大手ゼネコンと共同で開発を進めている、BIMのデータを読み込んで概算見積を出力するプログラムの開発が最終段階を迎えています。
いままで夢物語だったCADで「見積作成」ボタンを押すと、内訳明細書が作成されるということが現実になろうとしています。

このプログラムの特徴は、CADで不足するデータ(まだCADに書かれていないデータ)は、自動的に補って見積りするという点です。
実施図面が完成してからコスト検討では遅すぎます。基本設計段階が最もコスト検討に適したときです。しかしこの段階では未確定の設計条件が多数あります。
このプログラムは未確定の設計条件に適切な値を設定しながら自動積算します。
さらに自動的に設定した値は、BIMに戻すことができます。

1ヶ月くらいでβ版(評価版)レベル、年内には皆様にお知らせできると思います。
期待してお待ちください。

コストナビ工程表

今年の春にバージョンアップした工程表Ver6.0が、お陰さまで好評です。

色々な会社の方に、「今使っているソフトより良いから、乗り換えを検討しようかな」て言っていただいています。
実際に全社的に採用していただいている会社も何社かあります。

好評な点は、基本的な操作はエクセルライクでマニュアル無しで使えることと、多機能でありながら動作が軽いことです。

弊社のホームページで1ヶ月無料体験版を配布しているのですが、1000ダウンロードに近づいています。
ご興味のある方は、下記アドレスからどうぞ。
http://www.kentiku.co.jp//kouteihyoumuryou.html


今後もほぼ1年間でバージョンアップする予定です。
ユーザーの方、使ってみたいと思っている方、こんな機能が欲しいなとか、こんなことできないのとかご意見をいただければ、可能な限り対応していきます。

ページ移動