記事一覧

CADデータで見積りする

コストナビをの開発を始めた13年前に考えていたことが、最近現実になってきています。それは「CDAデータで見積りする」です。

すでに2つのCADデータから、見積りが可能になっています。
さらに現在、3つのプロジェクトが進行中です。それぞれ、読み込むCADデータの種類は異なり、粗概算か精概算か、コストナビの画面で編集するかしないかなど異なりますが、目的は同じくCADで設計作業中に「見積り」ボタンをクリックすると、設計中の図面の建築費が算出されるというものです。

建物のコストをリアルタイムでつかめることが、どれだけ大事かということは改めて述べるまでもないと思います。
現在は、それぞれのクライアントの専用ソフトとして開発していますが、将来的には市販したいと考えています。その時が来たらお知らせします。

ところで、先日ある方からブログを時々覗いていますとメールをいただいたのですが、年に4~5回しか更新していないので大変申し訳無く思いました。

平日はプログラムの開発に追われて更新する時間が取れないのでどうしようかと考え、休日に自宅で書くという解決策を思いつきました。

このブログも早春の陽射しの中、庭の小さなテーブルで書いています。小鳥のさえずりが心地良いのですが、花粉もすごいのでマスクをして、ティッシュをかたわらにおいています。またくしゃみが出そうになったのでこの辺で終りにします。ではまた!

トラックバック一覧

コメント一覧