記事一覧

数量積算基準の功罪(その2)

先週に続いて、数量積算基準について考えてみます。
私が感じる一番の問題点は、拾う手間とコストウェートが釣り合っていない点だと思います。

例えば、地下2階、地上6階、延床約20,000㎡の建物のコストウェートを見ると、山留工事が6.3%、内装工事は9.9%になっています。
コストウェートは仕上が1.5倍くらいですが、拾い手間は比較にならないくらい仕上がかかります。
数量積算基準の本も山留の解説は2ページ程度ですが、仕上の解説は20ページ以上あります。

拾いやすい(頑張れば拾える)ところは細かく規定して、分かりにくいところは大まかに規定されている気がします。

通常、山留は専門工事業者に数量共で見積を依頼することが多いので、このようになるのも分かりますが、それであれば内装も「面積を拾う」程度の大まかな規定で良い気がします。
5cm以下の巾木は壁の仕上から差し引かないとか、0.5㎡以下の柱・梁の小口は差し引かないとか、細かすぎる気がします。

鉄筋のロス率を4%と規定しているのはとても良いと思います。定尺を想定して、ロスを算出する規定だったらとても大変になったでしょう。
また建具の塗装面積も係数になっています。これも良いです。
この考え方をもう少し内装の拾いにも適用すれば、もう少し簡略化できるでしょう。

またプログラムを作るときにめんどうなのが、「100以上の数量は整数とし、100未満は小数1位にする」という規定です。プログラムは「場合分け」の処理がめんどうです、全て小数1位でよいと感じます。手計算を前提とした規定なのでしょう。

数量積算基準が制定されて約30年経ちますが、その間に民間工事では概算契約が増え、IT化も進んでいます。
いろいろ書きましたが、数量積算基準の功績を充分に認めた上での改良案です。
30年前にこれだけの規定を作った方々に敬意を表して、ではまた来週。

数量積算基準の功罪

「建築数量積算基準」のことは、このブログを読んでいる方であればご存知だと思います。
1977年(昭和52年)に、官民合同の建築積算研究会で制定された規準で、積算の方法を詳細に規定しています。

この基準の功績は、積算の標準化に大きく寄与したことだと思います。
いま異なる会社で積算した数量を比較できるのは、積算基準のおかげでしょう。
私も若い頃、積算基準を一生懸命勉強して積算士の資格も取りました。

その反面、罪としては、算技術者が拾い落とし指摘されるのを防ぐために、コストウェートに関係なく細かな数量まで拾ってしまうことでしょう。

積算技術者にとって「落ちてるよ」は、一番聞きたくない言葉だと思います。
プログラマーにとっての「バグってるよ」と同じくらい聞きたくないでしょう。
(私は、積算技術者時代は「落ちてるよ」を、今は「バグってるよ」を何回聞いたでしょうか(T_T))

この罪に関係する会話で、私が今でも忘れられないものがあります。
コストナビの商談で訪問した、自社で設計施工するあるデベロッパー様での会話です。
その会社は積算部署が営業部門に属する組織になっていて、その営業部長の方が積算部署の方に向かって「俺はお前たちが、巾木を1m2m拾っても何もうれしくない。もっと早く積算をしてくれ。お客さんは見積を待っているんだ。」です。
営業部長の「早く」の気持ちも分かるし、積算部署の方の「拾いたい」気持ちも分かります。

私は積算がもう少し数量重視から、コスト重視に移行したほうが良いと思います。
例えば昔ある大手ゼネコンでは、左官工事を砂・セメント・手間に分けて拾っていました。今はモルタル壁○○㎡で簡略化しています。
また数量積算基準でも、開口の躯体はサッシのWH寸法で差し引きますが、躯体の逃げ寸法は無視しています。
このような簡略化をもう少し進めたほうが良いと思います。

そうすれば、先ほどのデベロッパーの方も「1m2mの巾木」を拾わないですむかもしれません。
この問題は、このブログではとても書ききれないのでこの辺にしておきます。

別件になりますが、先日このブログに初めてコメントが付きました。
とてもうれしくすぐに返信しました。10年前にコストナビのカタログ請求が初めてきたときを思い出しました。(返信にも書きました)

3月8日と3月14日のブログにコメントが付いています。
その日のブログの下にある「コメント」という文字をクリックするか、画面の右側にある「最近のコメント」をクリックすると読めます。

今日のブログは、3月8日のコメントに触発されて書きました。
ぜひ皆様もお気軽にコメントをお寄せください。
このブログが積算技術者の意見交換の場になれば良いなと考えています。
では、また来週。

花見に行きました

千鳥ヶ淵へ花見に行きました。
散り始めで桜吹雪の中を歩きました。
皇居のお堀と石垣、その先に見える大都会東京、何回見ても千鳥ヶ淵の桜はきれいです。
今週は文章を短くして、皆さんも桜の写真を楽しんでください。
(写真はクリックで拡大できます)

田安門から千鳥ヶ淵方面
ファイル 8-1.jpg

田安門から牛が淵方面
ファイル 8-2.jpg

一面の桜。対岸は北の丸公園です。
ボートに乗りたかったのですが30分待ちで、涙ながらにあきらめました。
ファイル 8-3.jpg

皇居側から千鳥ヶ淵を望む
首都高と桜のバランスが絶妙です
ファイル 8-4.jpg

乾門前のしだれ桜です。
ソメイヨシノに負けない美しさ
ファイル 8-5.jpg

来年はどこへ行こうかな?
では、また来週。

F1シーズン到来

今年もF1シーズンがやってきました。
このブログの第1回目に書いたように、私の趣味はF1と自転車と音楽です。

当社がコストナビのユーザー様に年末配るカレンダーは、F1と女子ゴルフの2種類があり、お好きなほうを選んでもらうのですが、人気はほぼ半々です。F1も結構人気があります。
カレンダーの写真です。(クリックで拡大できます。)

ファイル 7-1.jpg

今年の緒戦はマクラーレンのハミルトンが、第二戦はフェラーリのライコネンが優勝し、二強が互角のようです。

私は佐藤琢磨の大ファンです。琢磨の出身は当社のある東京都町田市です。町田市高ヶ坂の出身で、当社から歩いていける距離です。
アグレッシブな走りと、インタビューなどでの冷静で紳士的な態度などすばらしいです。
私のパソコンの壁紙は、琢磨のマシンの写真です。

琢磨が所属する「スーパーアグリ」チームは、資金難で残念ながら琢磨の成績も良くないのですが頑張ってもらいたいです。
今年、日本人は中嶋一貴も参戦しています。父親がF1ドライバーというサラブレッドですが、自力でF1のシートをゲットした琢磨を応援したいです。(大リーグでは野茂が好きです。自力で道を切り開く人が好きなのです。)
ちなみに琢磨のお父さんは弁護士で、お母さんは女優らしいです。(琢磨も結構ハイソな家族)

あと応援しているのがトヨタのトゥルーリです。昨年、富士スピードウェーにトヨタのファン感謝祭を見に行って、F1マシンとトゥルーリが来ていました。それで一発でファンになりました。(単純です。帰りにはトゥルーリのTシャツまで買いました(^_^;)。琢磨のカレンダーも買ったけど)

今年は富士のF1日本GPを見に行きたいなと思っています。見に行ったら、このブログに書きます。
では、また来週。

なぜ統計値の概算は広まらないか

概算見積をするとき、坪単価や躯体歩掛りなど床面積あたりの統計値をよく使います。
統計値の見積りは、計算が簡単で便利なのですが、精度はあまり高くないと皆さん感じていらっしゃると思います。
ベテランの積算技術者の中には、長年の勘と経験で統計値にサジ加減を加えて良い精度を出す方もいますが、誰でもできる技ではありません。

なぜ統計値は精度が高くないのでしょうか。
統計値の精度が悪いと言うと、「統計解析に使ったサンプル数が少ないからだ。サンプルをもっと集めれば精度は上がる」とおっしゃる方が良くいます。しかしこれは間違いです。
散布図で見ると、サンプルを増やすと点の密度が高くなるだけで、バラツキの幅が小さくなるわけではありません。
下図はそのイメージです。赤い矢印の長さは同じです。
(クリックで拡大できます)

ファイル 6-1.jpg

統計解析の本によると30件以上サンプルを集めれば、母集団の予測はできるとあります。またある選挙の予測では、6800万人の有権者からたった38,200人(0.06%)のサンプルで正確な予測を得ています。

精度が高くない原因は、サンプルが少ないからではなく、説明変数が少ないからです。
床面積というたった1つの変数で、建物を予測するのは無理です。
精度を上げるために、構造,用途,階数などでサンプルを層別したり、重回帰分析をしたりすることもありますが、それでも変数は数個です。


また統計値の別の問題として、データ収集が難しいということがあります。
概算見積をするとき、「昔やったあの建物は坪いくらだったかな」と思っても、簡単に資料が出てこない経験は皆さんお持ちでしょう。
「これではいけない見積りデータを整理しよう」と考えても、忙しさにまみれてなかなか整理できません。
頑張って整理できても、数年経つと物価変動で金額データは陳腐化し、構造データも法規の改正などで陳腐化してしまいます。

私も社会人になった20年以上前から、紙による収集やパソコンによる収集など、何回か試行錯誤しましたがあまりうまくいきませんでした。

このようなことが、統計値の概算が広まらない理由だと考えます。
統計値の概算見積は、企画段階では簡単な計算で工事費を予測できるので有用だと思いますが、基本設計以降ではもう少し精度の高い概算手法が必要でしょう。
ではまた来週。

なぜ鉄筋歩掛は上がるのか?

ここに1967年(昭和42年)に出版された本があります。その本では「コンクリート1m3あたりの鉄筋量は108~133kg/m3」とあります。またその本の計算例では、集合住宅の鉄筋歩掛を100kg/m3としています。

色々な本でRC造の鉄筋歩掛(鉄筋kg/コンm3)を調べると
 1967年(昭和42年)出版 108~133 kg/m3 (上記の本)
 1983年(昭和58年)出版 110~130 kg/m3
 1984年(昭和59年)出版 100~128 kg/m3
 1988年(昭和63年)出版 130 kg/m3
年代が出版年で、実際にどの年代の歩掛かは分かりませんが、だいたい100~130kg/m3のようです。

最近5年間のRC造マンションの実物件で鉄筋歩掛を調べると
 RC11階 141 kg/m3
 RC 6階  145 kg/m3
 RC14階 149 kg/m3
実物件の値、色々な方からの話、私の経験などからすると、ここ数年の鉄筋歩掛は130~150kg/m3が一般的ではないでしょうか。

ところが昨年6月の建築基準法の改正以降、コストナビユーザーの方から鉄筋歩掛が上がっているとの話を良く聞きます。
つい先日もあるゼネコンの積算部の方から「200kg/m3の物件がある」とか、あるデベロッパーの方からは「当社の最近の平均は175kg/m3」とか、別のデベロッパーの方は「数年前は130~140kg/m3だったが、最近はもう少し上げっている」という話を聞きました。

私がコストナビを開発した10年ほど前は、110~130kg/m3くらいでした。
とにかく、ここ20年ほど鉄筋歩掛は一方的に上昇してるようです。

なぜこんなに鉄筋歩掛が上がるのでしょう。
私は2つの要因があると考えます。

まず1つは、1980年(昭和55年)の新耐震基準など、何回かの建築基準法や条例の改正です。これは間違いなく影響しているでしょう。
ただし昨年6月の改正は制度面の改正が主で、構造計算の方法に大きな変更はなく、鉄筋歩掛の上昇にはつながらないはずです。しかし実際には、建築確認を確実に通すためや、消費者の耐震性への不安から安全側の設計が行われ、昨年6月以降の鉄筋歩掛は上昇につながっているようです。

2つめの要因は、昔に比べ柱・梁が細くなっていることです。これは見落としがちな要因ですが、私はこれが長期的な上昇の主因だと考えています。
最近のマンションは、居住性(レンタブル比)を良くするために柱を細くしたり、階高を低くしても梁下寸法を確保できるように広幅な梁が多くなっています。
またコンクリート強度も昔より高め物もが使われるので、柱梁を細くできます。
細い柱は、コンクリートの断面積が少なくなるので、コンクリート強度が同じなら鉄筋の負担が大きくなり鉄筋が増えます。また幅広の梁も、構造的に不利なので鉄筋が増えます。

さらに、これは数字のマジックですが、柱梁が細くなると鉄筋歩掛の分母であるコンm3が小さくなり、結果として鉄筋歩掛が大きくなります。
細い柱梁は、鉄筋量の増加と分母のコン量の減少のダブルで鉄筋歩掛の上昇に効いてきます。

コストナビで10階建のマンションをシミュレーションすると、自動設定値は1階の柱寸法が1000×1000で鉄筋歩掛150kg/m3ですが、ユーザー設定で柱寸法を800×800にすると、鉄筋歩掛は175kg/m3と大きく上昇します。

皆さん、鉄筋歩掛についてどう感じていらっしゃいますか?
この下にある「コメント」のリンクをクリックして、ぜひ皆さんのご意見をお聞かせください。

概算見積ソフトは幅広い

先週くらいから、企画・計画段階の概算見積ソフト「コストナビLite」の開発に、本格的に取り組んでいます。

(Liteの画面イメージです)
ファイル 4-1.jpg

約10年間「コストナビPro」(Liteと区別するためProと呼びます)を販売してきて、概算ソフトに求められる幅の広さを感じます。「面積と用途くらい入れたら簡単に建築費が出るようなソフトが良い」と言う人もいれば、「コストナビは部屋を壁心で拾っているから、内法で拾わなければダメだ」と言う人までいます。

ただ簡単なのがほしいという人も、「自分の入力は簡単で、出てくる答えは詳細なものが良い」という、ちょっと「わがまま」な考えが本心だと思います。
この「わがまま」がソフトを良くするのです。なるべくユーザーのわがままを満たすソフトを作っていかなければと思っています。
コストナビユーザーの方は、どんどんわがままなご意見をください。できる限り頑張ります。(あくまで「できる限り」ですが(^^ゞ)

Liteは簡単な入力を第一に考え、Proは人が概算するのと同程度かそれ以上の精度を第一に考えています。
将来的には、ひとつのソフトで幅広く対応できるように、LiteとProが合体する日が来るかもしれません。

ところで先日、学生時代の友人に会ったのですが、第1回目のブログに掲載した私の写真が、あまりにくだけ過ぎて笑ってしまったと言われましたので、写真を差し替えてみました(大差ありませんが(笑))

自転車は楽しい

今週は、少し春らしくなって来ました。今日はとても暖かいです。
私は健康のために昼休みに散歩するのですが、会社のある町田市は梅が満開でした。

先週のブログは仕事の話だったので、今週は趣味の自転車の話を書きます。
私の自転車の楽しみ方は、車(ミニバン)の後ろにマウンテンバイクを積んで、湘南・鎌倉や三浦半島のほうへ行き、そこから景色の良い海沿いや、マウンテンバイクの醍醐味の山越えなどをしています。
(写真を見てください。クリックで拡大できます。)

ファイル 3-1.jpg

鎌倉では、竹寺として有名な報国寺の脇から衣張山の山越えや、源氏山公園から大仏ハイキングコースを抜けて大仏様で有名な高徳院へ抜けるコースなど走りました。走りましたと言っても、まともに自転車で走れる道ではないので、半分くらいは自転車をかついでいます。
衣張山に登った時は、地元の奥さんに「こんなところに自転車で来る人は始めて見た」と言われました(まあ私が物好きなのでしょう)。
また由比ガ浜から鎌倉山を越えたときは、地元の散歩のおじさんが「もう少しで山頂だから頑張れ!」と声を掛けてくれました。(東京マラソンで「沿道の声援で走りきれました」の気持ちが分かります。)

自転車の良いところは、車だとUターンや一方通行など好きな方へ簡単に行けないのが、自転車はいつでも気の向いた方へ行けることです。
自転車にはまったのは7~8年前ですが、最初はこの気の向いた方へ行けるというのがとても快感でした。

町田市は東京都ですが、神奈川県の隣なので湘南・鎌倉へも車で1時間位で行けます。
ほぼ湘南・鎌倉と三浦半島の行きたい所は走ったので、今度は都内の歴史的な名所や、新しいビル(一応建築屋なので)などを、ぐるぐる回りたいなと思っています。
ぐるぐるしたときは、またこのブログで報告します。

今やってる仕事です

今年の東京は雪が降ったりしてとても寒く、南国育ちの私にはつらかったのですが、今日はとても暖かく天気が良いです。(^.^)
今日は、私が現在行っている仕事内容ついて書きます。

私は今、コストナビLiteという、企画・計画段階で使う概算見積ソフトの新規開発をしています。
現在発売しているコストナビは、ある程度設計が進んだ(基本設計~実施設計)段階で、ゼネコンの積算の方を主な対象にした概算見積ソフトですが、コストナビLiteは、不動産、設計事務所、ゼネコンの営業の方を対象に考えています。
不動産関係の方からは、企画・計画段階で使う入力のかんたんな概算見積ソフトのご要望が以前からあり、何年も前から開発の計画はあったのですが、今年やっと取り掛かることができました。

不動産関係の方と話をすると、私のような建築出身の人間とは建築費に対する考え方が違うなと、つくづく感じます。建築出身の人間は、建築費を積み上げようとし、仕上材など細かな仕様の違がとても気になりますが、不動産の方は、土地代、建築費、収益です。建築費の細かな内訳などあまり気にされていません。違う業界の方と話をするととても刺激になります。

ところで、当社の他のプログラマーは、工程表の改良と、コストナビの改良を行っています。
なので今年は、コストナビLiteの新発売、工程表のバージョンアップ、コストナビのバージョンアップと、とても忙しい年になりそうです。
ではまた来週。

ブログをはじめました。

建築ソフト株式会社の橋口といいます。
今日からブログを書くことにしました。

仕事は、コストナビの開発を担当しています。
仕事柄、いろんな会社で概算見積をしている方と接する機会があります。皆さん悩んでいることは同じで、それを皆で共有する場所があれば良いなーと思いブログで書くことにしました。

また、開発中に私が悩むことなど、ブログを読んだ皆さんからコメントをいただけるとありがたいなーと思っています。

あまりかたい話だけだとつまらないので、私の趣味の音楽やF1レースの話題など息抜きに書こうかなと思っています。

初回は、かんたんな私の自己紹介を書きます。

ファイル 1-1.jpg

|名 前|橋口知治|
|出身地|鹿児島県(良い所です)|
|年 齢|とりあえず秘密にしておきますので想像してください|
||(音楽的な趣味で年代が分かると思います)|
|趣 味|Rock,Jazz系の音楽 : Sting、JeffBeck、サザンなど好きです。ギターも弾きます。|
||F1レース : 見るだけです。乗る方ではありません(笑)|
||自転車 : 券を買って見る方ではありません。これは乗るほうです。|
||家 族 : 妻、子供2人|

タイトルどおり「ほぼ週刊」の予定なので、ときどきのぞきに来てください。

ページ移動