記事一覧

「コストナビPro」Ver8.0の開発が進んでいます

今、コストナビProの新バージョンVer8.0の開発をやっています。
「Pro」は、今まで単に「コストナビ」と呼んでいたものを、「コストナビLand」と区別するために名称を変えました。

バージョンアップの内容は、まだ正式発表ではありませんが、ブログで非公式に発表すると
1.形状入力の柱・梁のユーザー断面に、鉄骨を入力できるようになります。柱はH鋼とBox鋼、梁はH鋼を入力できます。
2.形状入力でフーチングのユーザー断面を入力できるようになります。辺長、厚さ、深さと配筋を入力できます。
3.ドライエリアの入力が出来るようになります。擁壁の躯体と仕上を算出します。
4.外構工事に対応します。敷地面積、道路境界長さ、隣地境界長さを入力して、外構工事を自動設定します。もちろんユーザーによる編集も可能です。
5.最新の構造・工法に対応できるようにします。。
これ以外にも、色々改良しています。また機会があればブログで進捗状況をお伝えします。

最近「ほぼ週刊ブログ」のはずが「ほぼ隔週ブログに」になっています。(すみません)
ではまた来週。(たぶん(^^ゞ)